スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超ロングです^^

オッス、オラ悟空。

嘘だボケ。

さあ、社会人になったことで資産的な余裕が生まれたはね箒です。

今回は文章を綴ること自体へのリハビリ的な意味もあり、対話型ではなく普通に書き殴ります。

早速、今イジっているデッキを晒します。

【カオスドラゴン】

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン 3
ライトパルサー・ドラゴン 3
ダークフレア・ドラゴン 2
ダーク・アームド・ドラゴン 1
エクリプス・ワイバーン 2
ライトロード・マジシャン ライラ 3
カードガンナー 2
クリッター 1
死霊騎士デスカリバー・ナイト 2
エフェクト・ヴェーラー 3
D.D.クロウ 2
カオス・ソーサラー 2
カオス・ソルジャー -開闢の使者- 1
トラゴエディア 2
冥府の使者ゴーズ 1

30

未来融合-フューチャー・フュージョン 1
簡易融合 2
光の援軍 1
闇の誘惑 1
死者蘇生 1
ナイト・ショット 3
大嵐 1

10

ジェムナイト・パール 1
交響魔人マエストローク 1
ラヴァルバル・チェイン 1
インヴェルズ・ローチ 1
竜魔人 クィーン・ドラグーン 1
No.61 ヴォルカ・ザウルス 1
セイクリッド・トレミスM7 1
フォトン・ストリーク・バウンサー 1
聖刻龍王-アトゥムス 1
迅雷の騎士ガイアドラグーン 2
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス 1
暗黒火炎龍 1
魔導騎士ギルティア 1
F・G・D 1

15


遊戯離れが祟り、この構築に至るまで知識ゼロから組み上げたため、検索でヒットするレシピとの差がひどい。

さらに対戦したデッキが偏っていたせいでチューニングが尖りすぎてるかも…?

当初ライロ6枚体制+エクチェン3が入っていたものの、アレは個人的にツアーガイドありきな構築だと思ってしまう。と言うのも…。

圧縮する事でエクチェン+ライロを揃えやすいこと、確定で光属性を墓地へ送りつつデッキを掘り進め、不確定でさらに墓地を肥やせるという利点より、スロットの圧迫というデメリットが気になったため。

墓地が肥えていない序盤ほど単体で使えるカードが少ないのも合わさり、ライコウ共々思い切って全抜きしてみた。はんせいはしている。

上から順に各カードごとの考察を。

-レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

言わずと知れたドラゴン族におけるキーカードでありフィニッシャー。存在そのものがそのままドラゴンデッキを組む動機となるカード。

場に出すだけなら召喚した下級ドラゴンを除外する方法が楽だけど、カオドラにおいてそれは最終手段。可能な限りアトゥムスやライパルで引っ張りたいモンスター。

ただし自身の特殊テキストが活きる場面も少なくないはず。手札を消費して展開するデッキである手前、コイツが無事に着地できないと一気に苦しくなる。

-ライトパルサー・ドラゴン

ストラク看板カードその1。カオスそのままな特殊テキストと、ダムルグっぽい自己再生テキストを持つ上級ドラゴン。ちなみに特殊召喚モンスターではない。

特殊、自己再生共にダムルグとは違いチェーンに乗らない。自身がフィールドから墓地へ送られた時に条件付きでドラゴンを蘇生させる任意の誘発効果持ち。

ほぼレダメのためにある効果。コイツとループさせることでお手軽かつしぶとく2500、2800でビートダウンできるのもカオドラならでは。2400ラインを一方でき、墓地にレダメがいるなら相打ちや自爆凸で2800以下まで対応できる。

-ダークフレア・ドラゴン

ストラク看板カードその2。デッキを考えていた時点ではピンor全抜きすら検討していた。コストとして手札とデッキからドラゴンを墓地へ送り、墓地のカードを除外できる。

役割が墓地肥やしカードに見えるくせに、内蔵している特殊テキストが墓地資源を食べるため本末転倒に見えていたカード。レベル5なので、皿やライパルと合わせて強力なランク6へ繋げられない点も痛い。

が、未来融合で落とせる闇属性という点、後述するエクリプスのトリガーとなれ、そのままサルベージしたレダメのコストにできる点が優秀。効果自体は起動効果なためメジャーな墓地資源メタと比較すると使い辛いものの、オマケとして見るなら十分すぎる効果。ただしハンドがマッハなため流れ次第では効果は使わずに墓地からもフィールドからも除外コストにされがちなかわいそうな子。

手にいるライパルを切りつつ、そのままライパル自己再生でさらにレダメを切る事でループ準備を整える…といった芸当もでき、失う手札はコストとして除外したエクリプスが補ってくれる。それでも辛いが。

-エクリプス・ワイバーン

任意効果だけど、こんまゐ語故にタイミングを逃すことなく、場所を問わず墓地へ送られた時にデッキから最上級ドラゴンを除外、その後墓地にいるコイツを除外する事でその最上級ドラゴンをサルベージできる縁の下の力持ち。

ライロやカーガンなどでデッキから落ちた場合や、エクシーズ素材として剥がれ落ちた場合でも起動できる。ライパル自己再生、ダフレ起動コストでも当然発動可。

展開の起点となるライパルやダフレを除外できない点が非常に惜しまれる。とは言え手札が減りやすい手前、間違いなく必須。チェインの素材とする事でカオス1匹分の特殊コストの確保と効果の起動が両立できる。だからどうした感満載ではあるが。

-ライトロード・マジシャン ライラ

言わずと知れた奈落警告探知機、さらに墓地を肥やしつつ自身もキーカードのコストになれる優秀なカード。メインの展開パターンが召喚権に依存しないためさらに使いやすい。

1回効果を使って戦闘破壊を待つよりは、エクシーズ素材などとして利用し、無駄をなくしていきたいところ。

-カードガンナー

説明不要。カオドラにはおもしろいくらい刺さるゴキやr…ローチを、奈落を掻い潜りつつ相討ちに持ち込める。非破壊時のドロー効果も手札から展開するこのデッキでは嬉しい。

ライラと異なり即墓地肥やしができるので、落ち方次第ではそのまま攻め込めることも。このカード自体はカオスのコストにはなれないものの、それらの少ない欠点を差し引いても入れない理由はない。言うまでもなく、一方されたとしてもアドバンテージを失わないのもポイント。

-死霊騎士デスカリバー・ナイト

本来は罠などと合わせてクロック寄りのデッキに投入されるモンスター。召喚権が余りがちだからこそ採用できたようなもの。序盤なら立ってるだけで相手の初動を遅らせられる。但しヴェーラーに1対1交換される事を…強いられているんだ!

チェーンを組まない特殊テキストからエクシーズないしシンクロ、そのまま一方されることも多いが、その展開のために消費している相手の枚数を考えると、しっかりと返せるならばそれほど悪い取引ではなかったりする。

当初フル投入だったものの、さすがに幻想だった。ブレイカーの方が安定する気がしないでもない。

-D.D.クロウ

手札からポイっとすると、なぜかミラクルや蘇生と1対1交換しつつカオスのコストが増える魔法カード…もとい、モンスター。闇コストの不足から投入。

2枚はやりすぎた感が漂うがそうでもないかもしれない。基本的に相手の伏せ除去は全て死に札にさせる考えで組んでいるので、貴重な防御札の1枚でもあったりする。

-カオス・ソーサラー

耐性持ちが少ない除外による除去、エクリプスのトリガー、エクシーズ素材、さらには奈落警告はもとよりヴェーラー探知機までこなせる器用なカード。

噛ませとしての運用も少なくないが、墓地資源を消費し、エクシーズ素材としての有用性、優秀な効果からも、なるべく着地させてあげたいところ。

フル投入も余裕でアリだが、トフェニやディアボを採用したタイプより明らかに低速化している手前、ダフレと合わせて墓地資源の取り合いが厳しいと判断して2枚に。


取りあえずここまで。次回は魔法・罠、余裕があればエクストラ編~。
スポンサーサイト

共感する人もいるんじゃねーかな。

基本的にアンチメジャーな人種は『三か月に一度モチベ不足に陥る』と思うはね箒です。

期間はそれぞれだろうけどね。それに俺は別段メタゲーに強いデッキが嫌いじゃないし、地雷使うオレカッコイーとか思ってる人種じゃないのであしからず。

単純に、組もうと言う意欲の湧いたデッキ、メタゲーの中でワンチャンありそうなテーマで遊ぶのが好きなだけです。

と言う訳で今日のつぶやきは【フレムジュラックVer3.3】です。二回デッキタイプが代わり、現在の型にして微調整を三回。雑にレシピ晒します。

【フレムジュラックVer3.3】

ジュラック・ヴェロー 3
ジュラック・グアイバ 3
ジュラック・アウロ 3
フレムベル・ヘルドッグ 3
フレムベル・マジカル
N・グラン・モール
冥府の使者ゴーズ

15

化石調査 3
真炎の爆発 3
強欲で謙虚な壺 2
収縮 3
月の書
死者蘇生
ブラック・ホール
サイクロン 3
大嵐

18

激流葬
奈落の落とし穴 2
次元幽閉 2
ダスト・シュート
盗賊の七つ道具



まず抜けたのがマイクラ。抜いたのは直感です。ご託並べるのは不得意ですが、なくて困らなかったのでこのままで。返し多いから?

入りが七つ。先行はこれとヴェローで大概安定します。あと幽閉。ラギアの護衛ですね、単体で立つよりなんかしらバックがあって初めて制圧要員じゃないかねラギアは。

外道モグラはミナッティ大先生のお告げ。モンスター総数が変わってないのはピン刺しだったデイノ(orガリム)のスロを潰したから。ギガノト重複パンプでキルとか前時代的だよね!

月は試験運用中。ガンテツに対してのみ面白いコンバットトリックが成立します。強いかと言われると謎ですが餃子他ライオウなど面倒な奴を一時的に退かせ、上から殴ることにも使えるので使い勝手はまぁまぁ。操作なんて(スロが)なかった。

プレイングについて少しメモ。まずトリは無暗に投げると後で後悔します。チューナーと主要アタッカーのレベルの関係から立てやすいですが、返しに取っておくつもりでラギア優先にした方が結果的には大団円となることが多々。

予備を握らないまま最初のヴェローが除外されると後々キツイです。墓地に一体ヴェローを置いとくだけで返しの手段が増えます。バックを退かせないと思うならヘルドッグすら噛ませに。まさに噛ませ犬。ベストはグアイバとヴェローは1体ずつ墓地に置いとくこと。

それと収縮は可能な限り伏せない方が身のためです。やるとしたらスターダストorラギアとセットが前提。万が一伏せて抜かれると序盤の返しがまさに『ち○ぽもげる!』状態に。

細かいけどラギアの立て方。こんな状況の時、どう動きます?


・相手伏せなしor攻撃が通る保証がある。

・相手の場にグアイバで食えない打点&手に収縮

・手に化石調査

・墓地にヴェロー


当然やることはラギアおっ立てて相手をイジる作業なんですが、最後の要素に注目。

化石でグアイバサーチは真っ先にNG。もちろんマッチ二戦目など手札誘発とかの墓地干渉を考えなければならないなら話は別だし、真炎を採用していない型なら正解もクソもこれしか解答ないんすけどね。

それでは正解のVTR。


・化石調査でアウロをサーチ、アウロを召喚してヴェローを蘇生。

・ヴェローで自爆凸、グアイバをリクルートして戦闘続行。

・ここで収縮、グアイバからアウロをリクルート。

・メイン2にアウロ効果でヴェローを蘇生し、ラギア。


何が違う? まず消費枚数は直接グアイバをサーチした場合と比べ全く同じどころか、ライフすら消費します。

違うのは墓地へ落ちたアウロの枚数。真炎を使うなら墓地へアウロを落とす手段くらいは意識してプレイングした方が後々詰まずに済むよ。これをやってこそ採用する意味も出てくるってもん。

偉そうに説教してますが上記とほぼ同じレシピでゆーれい大先生にスト取られました。死因はサイク伏せ忘れ。二戦目なんてなかった。

超絶音階。

とぅーびーこんてにゅ~ ううううーっ。

デデッデーン☆

は~z(ry

イェア、今期頑張ろうと思うデッキを晒す。

【マシンラビット】

マシンナーズ・ギアフレーム 3
マシンナーズ・フォートレス 3
レスキューラビット 3
メカ・ハンター 3
ブロッカー 3
ブラック・ボンバー 3
カラクリ忍者 九壱九 1
カラクリ守衛 参壱参 1
クリッター 1
冥府の使者ゴーズ 1

22

強欲で謙虚な壺 3
精神操作 1
貪欲な壺 1
リミッター解除 1
死者蘇生 1
ブラック・ホール 1
サイクロン 3
大嵐 1

12

激流葬 1
奈落の落とし穴 2
ダスト・シュート 1
マインドクラッシュ 2



ブラック・ローズ・ドラゴン 1
カラクリ将軍 無零 2
エンシェント・フェアリー・ドラゴン 1
スターダスト・ドラゴン 1
スクラップ・ドラゴン 1
カラクリ大将軍 無零怒 1
No.39 希望皇ホープ 1
インヴェルズ・ローチ 1
ジェムナイト・パール 1
イビリチュア・メロウガイスト 1
No.16 色の支配者ショック・ルーラー 1
ヴァイロン・ディシグマ 1
No.11 ビッグ・アイ 1

14

エクストラが! エクストラが!

後何入れればええねん、メロウ二枚目か?

今期のサイドは各種墓地メタと触れでも置いたらええんちゃう?

新カテゴリー。

対話型の欠点は更新速度だと思ってます。なので、一人でぽろっと呟く新カテゴリーを追加。

一発目は遊戯ネタ、ハズレア扱いのライト・サーペントの話。こんなコンボ思い付いた。


・馬頭鬼効果でゾンマス特殊、サーペントをコストにゾンマス効果で死霊特殊。

・サーペントが自己再生、死霊とオーバーレイしてリヴァイエールをエクシーズ。

・リヴァイエール効果で馬頭鬼を帰還、ゾンマスと馬頭鬼でランク4をエクシーズ。


馬頭鬼を再利用しつつ消費1枚でエクシーズ2体、召喚権も残ります。墓地作る手間があるのでそう簡単には決まりゃせんけど。

大事なとこはサーペントをコストにゾンマス効果、レベル3アンデ蘇生ってことです。ディーヴァや植物ギミックあるなら化身も面白いかも。

サーペント自己再生に反応してワーウルフでもリヴァイ作れますが狙い過ぎかw ただしゾンマス効果で蘇生するモンスターの自由度は上がりますけどね。

死霊や生者の書からアンデワンチャンあるんじゃないかと思いますが、速度やテキストなど、毛色の似たセイバーと比較すると思考が停止します。


フラム「しぬがよい」

ゴブゾン「げせぬ」


とかね。エクシーズ素材がフィールド上のカードとして見なされればよかったんや!

おいィ?

「はい、つーわけで【氷結界】について記事パートツー」

「色々苦悩して試行錯誤重ねてたねぇ」

「一部のカードが優れていても、テーマ全体としてはまだまだ未熟だからな」

「簡単に組めると思ったけど罠型弱すぎ。マジバカじゃねーの!」

「なんか荒れてるね。面倒だからこっちで箇条書きフェイズ初めていい?」

「いいんじゃないか」

「しのびないねぇ」

「かまわんよ」


・基本的な動き
・構築上の問題点
・勝ち筋


「さて、基本的な動きについてだが、浮上や伝道師の存在から捨て蘇生が基本戦術となる」

「そだね。でも、軍師だけに依存するって結構厳しくない? 紋章あるにしたって氷結界って三積みするカードだって単体じゃ使いにくいの多いし」

「そう、そこが二点目、構築上の問題だ。平たく言えばコンボデッキ故の不安定さだな。ほら、さっさとあの雑なレシピ晒せ」

「俺はまたこんな扱いか! まあいいよ、注目したのは鬼ガエル。伝道師を直接墓地へ送れ、手札のガンターラを切って特殊したりできた。カエルと折衷してみたわけ」


【カエル氷結界Ver1.6】

氷結界の軍師 3
氷結界の守護陣 3
氷結界の伝道師 3
氷結界の虎将 ガンターラ 3
鬼ガエル 3
粋カエル 1
黄泉ガエル 1
クリッター 1
トラゴエディア 2
冥府の使者ゴーズ 1

21

氷結界の紋章 3
浮上 3
禁じられた聖槍 1
精神操作 1
死者蘇生 1
ブラック・ホール 1
サイクロン 1
大嵐 1

14

水霊術-「葵」 3
マインドクラッシュ 2



アームズ・エイド 1
A・O・J カタストル 1
氷結界の龍 ブリューナク 1
ブラック・ローズ・ドラゴン 1
氷結界の龍 グングニール 1
アーカナイト・マジシャン 2
スターダスト・ドラゴン 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
ガチガチガンテツ 1
ダイガスタ・フェニクス 1
ブラック・レイ・ランサー 1
インヴェルズ・ローチ 1
ジェムナイト・パール 1
No.11 ビッグ・アイ 1

15



「ねえねえ、何で6回もパッチあててんのさ?

「ガンターラ増えたり転移入れたり抜いたりクリッター入ったり御庭番抜けたりしたんだよ。始動で最優先するのは守護陣を守備で置くこと」

「具体的には、軍師や鬼ガエルのコストで守護陣を落とし、その後守護陣を蘇生する流れだな」

「そう。紋章とか浮上とか伝道師特殊とかパターンは色々だけど、取り合えずこれが出来ないなら鬼ガエルで圧縮しつつガンテツの用意したり、トラゴでビートしたりする」

「さて、既に気付いている方もいるのではないだろうか。守護陣と軍師が並ぶと、あるシンクロモンスターが特殊召喚できる。これが三点目、勝ち筋についてだ」

「グングニール……あ、アーカナイト・マジシャンだね」

「正解。アーカナで除去しながらガンターラ押し込むのがメイン。軍師と守護陣でロックしてる時に伏せ付きでターンが返ってくる事は相手がアーカナないしグングに対する解答を持ち合わせていない時だけどね~。或いは初見」

「また、メインとなるガンターラとアーカナはどちらもレベル7であることも少なからず利点となる」

「墓地が完成していないとだけど、ガンターラとグング、またはガンターラ二体が墓地にいるとかザラだから割りと出番はあるよ、ビッグ・アイ。これ通ると理不尽に強くて吹いたw」

「え、何を? グリーンピーススープ?

「エ○ソシストじゃねーから」

「罠は今期非常に使い勝手のいいマインドクラッシュと、ロック解除を狙う能動的な除去にチェーン、或いは自己再生するカエル達をコストに発動する水霊術のみだ」

「イエス。アーカナとガンターラで取り返せると思えば割りと無茶に使えた。防御が薄く見えるけど、ピーピングと合わせて間接的なキル予防みたいなもん」

「何だかローテンションで淡々と進むね?」

「徹夜明けで眠気がマッハ。ふひひ☆」

「それはいかんな。もう寝とけ」

「さすが水色、紳士の鑑。だが断る

※でも中の人が限界だから終わるよ。
プロフィール。

はね箒@D_End♪

Author:はね箒@D_End♪
当ブログへようこそ♪

モバゲー、mixi、skypeでもほぼ同じHNで活動しています。

読んでみろクロック。

チルノ⑨時計
アクセスカウンター。
最新記事。
最新コメント。
最新トラックバック。
月別アーカイブ。
記事カテゴリ。
検索フォーム。
RSSリンクの表示。
リンク。
ブロとも申請フォーム。

この人とブロともになる

QRコード。
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。